FXのスワップ運用とレバレッジの関係


レバレッジとの関係

スワップとはFXにおいて、取引をおこなう2つの通貨間の金利差で利益を出す方法なのは前回紹介した中で理解してもらえたと思います。

このスワップを利用して資産を運用しようとしたときに、レバレッジが大きな影響を与えることをキチンと理解していますか?

レバレッジは少ない資産で大きな金額での取引が可能になるトレードの方法です。FXを既に取引をおこなっている人は知っているかもしれませんが、レバレッジの最高は25倍まで投資資産を大きくした取引が可能です。
ですから例えば、10万円しか資産を持っていない人でも最高で25倍、250万円まで取引を行うことが可能になるのです。例えばなので、小額で取引が出来るFXにおいて高額投資をした場合のリスクを知っていると思いますが、スワップポイントを使っての長期運用をする場合にはこのレバレッジには注意が必要になります。

ドル円で取引を行ったと想定して、ドルが急落したした場合には円高になるですが、値幅が大きいとレバレッジを25倍など高額にしていた場合に損失が桁違いに大きくなってしまいます。
長期で運用する場合には、みなさん売りのポジションを一定額と決めておこなっていますが、長期の場合には急場通貨の変動に大きく影響を受けることがあります。





FXの長期取引スワップ運用の罠